RECOMMEND
犬が星見た―ロシア旅行 (中公文庫)
犬が星見た―ロシア旅行 (中公文庫) (JUGEMレビュー »)
武田 百合子
「富士日記」、「日日雑記」なども良いですよ。
RECOMMEND
チャリング・クロス街84番地―書物を愛する人のための本
チャリング・クロス街84番地―書物を愛する人のための本 (JUGEMレビュー »)
ヘレーン・ハンフ, 江藤 淳
学生時代に読んだ中で、お気に入りの一つです。昔は「書物を愛する人のための本」なんて副題、ついてなかったと思ったんですが。。。まあ、いろいろ書くよりも読んでもらう方が早いかと思います。
RECOMMEND
今日からちょっとワイン通
今日からちょっとワイン通 (JUGEMレビュー »)
山田 健
これからワインを飲んでみよう、という人にはおススメです。ワインの楽しみ方がわかると思います。
ただ、著者がサントリーの方なので、末尾にある著者が勧めるワインリストはサントリーが扱っているものばかりです。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

まるすの部屋

まるすが遊んでいるMMORPG信長の野望Onlineのネタを主体に、いろいろと書く予定です。
<< 徳川武将 | main | G.W.も終わり >>
小牧山開戦
0
    徳川が攻めてきたぁ!
    って、まあ斎藤も今週開戦しようと侵攻振ったので、狙い通りで良かったわけなのですが。
    ということで、只野です。久しぶりの合戦の第1陣の感想など。

    なによりもまず、援軍の武田家、浅井家には感謝です。予想以上に多くの援軍に来ていただいて、優勢に進めることができています。
    昨夜は21時過ぎに入ったのですが、その時点で既に合戦私設の「金蝶まんじゅう」「柿ようかん」がいっぱいで、3つ目の「落柿」が稼動していました。まずは、もう、それだけで感激です。
    少しうろうろした後、人数を数えてみると、武田70名強、浅井40名強に対して斎藤110名強(全て匿名除く)と斎藤家単独にほぼ匹敵するだけの援軍に来ていただいています。正直、ここまで大量の援軍にきてもらえるとは思っていなかったので、なんというか嬉しくてちょっと舞い上がってしまいましたね。

    そのころは、全体でもまだ400名台でしたが、22時を過ぎると、600名も半ばを越えて非常に重たくなっていました。敵中中から元敵中後の武井陣裏に向かって走って行ったら、リングが赤い!転生要請があったのですが、実装変更しようとしても全然変更できない。まあこちらが何もできないでいる内に、他の薬師さんが転生をして下さったので事なきを得たのですが、いやー焦りました。

    まあ、なんというか舞い上がってたところもあって、転生で走り回ったり、本陣の伊賀者手練れに救援参加したり、とりとめなく活動してました。
    にしても、伊賀者手練れ、怖いですね。最初に入ったときは、私のバーが出る前に、2撃か3撃で鍛冶さんは折れてしまいました。力士衆では普通に旗救援で戦えていた武田の薬師さんも、私が出した極楽まで耐えられずに落ちてしまいました。決して私が遅かったわけでなく、バーの先頭から4つ目か5つ目くらいには入っていたんですけど、余裕で間に合いませんでした。いやはや、単なるNでこれなんですから、、、怖いです〜><
    あと、うろうろして、そろそろ落ちようかな、って時に、敵中中の副官、天野さんが暇そうにしていたので、それの取り付きに参加して遊んできました。まあ特殊もないし、5体に弱体していたし、レベルも低いし、伊賀者手練れの方がはるかに手ごわかったし、怖かったなぁ。

    反省点は、合戦私設の案内大声が少なかったかな、ということ。私設は?と周囲で質問された鍛冶さんがおられました。これは、もう少し大声告知を増やした方が良さそうです。
    あと、人数も居るし、陣も結構取り返されたりしているのに、戦果の伸びが今ひとつだったこと。これは、、、まあ、どうすりゃいいんだろ。N狩りが少ないのかな。
    合戦初心者支援も、やりたかったのにできなかったことの一つですね。途中から、合戦初心者支援中、と党員募集マーク出して動いていたんですが、最後まで対話が来ることはなかったです。決して合戦初心者が少ないというわけではないと思うのだけど、どうすりゃいいのか、何か考えないといけなさそうです。
    実際のところ、斎藤紋は合戦初心者も多いのでしょうし、こんな大人数の合戦に慣れてないのもあるのか、全体に動きが良くない感がありました。動きが良いのは武田家の方で、武井裏が制圧されてきたら、いつの間にか前線維持の対人徒党が出てきて押し込んだり、と、誰かが音頭をとっているわけでは無いんでしょうけど、それぞれが良い判断をして動いてらっしゃるのが目に止まりました。大人数での戦い方を熟知してらっしゃる雰囲気でした。浅井家の方々は、斎藤が表に立つように地味に下支えして下さっていた感じです。いかんせん、斎藤は合戦慣れしてないわけで、遠慮することなくもっと大胆に、ガンガンと動いてもらっていいんだけどなぁ、と思ってみたり。まあ、陣が進めば、遠慮とかそういうのも無くなっていくだろうと楽観してるわけですが。ともかくも、遠慮が無くなったことによって私設にしろなんにしろ荒むことがないよう、良い雰囲気だけは保っておきたいですね。
    | 信on | 06:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.marusu.net/trackback/647078